トップページ > 敏感肌 > 敏感肌の美白ケアのポイント

敏感肌の美白ケアのポイント

敏感肌は、肌のバリア機能が低下しており、紫外線や外部刺激により、肌の炎症が起こしやすい状態となっています。

敏感肌が紫外線や外部刺激を受けてしまうと、肌に炎症を生じ、肌内部で刺激物質が発生します。この刺激物質により、メラニンの元であるメラノサイドを刺激されると、チロシンとチロシナーゼが結びつきメラニンが生成されます。

そのため、敏感肌は、肌のバリア機能が正常である通常肌よりもシミができやすい状態にあります。また、肌への刺激の強い美白美容液でケアすると、肌の炎症の原因となり、逆にシミができやすくなてしまうので注意が必要です。

敏感肌の方は、肌への刺激が少なく、肌のバリア機能を修復できる美白美容液でケアすることがおすすめです。

敏感肌は、肌のバリア機能が低下しており、紫外線や外部刺激により、肌の炎症が起こしやすい状態となっています。 敏感肌が紫外線や外部刺激を受けてしまうと、肌に炎症