シミの悩み解消で美白美容液選ぶポイント

美白美容液を選ぶときには、目的と肌質の2つのポイントをおさえて選ぶと良いです。
目的というのは、今あるシミの悩みを消したいのか、これからシミが出来るのを予防したいのかということです。美白成分には、シミを消す目的のものと、シミを予防する目的のものがあります。シミを消したいのに予防する美白成分を使ってもあまり効果がありません。そのため目的に合った美白成分を配合したものを選びましょう。
肌質というのは、普通肌(通常肌、健常肌)、乾燥肌、敏感肌、脂性乾燥肌などのことです。それぞれの肌質によっておすすめの美白成分は変わります。乾燥肌や敏感肌の方は、刺激の少ない美白成分を配合した美容液がおすすめです。

今あるシミの悩みにはハイドロキノン

すでに出来てしまったシミに効果的な成分としてハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど美白効果の高い成分で、病院の皮膚科などでも処方されています。刺激があるため以前は医師の指導の元でしか使用できませんでしたが、現在では4%以下の濃度なら化粧品に配合することができます。普通肌の方にはハイドロキノンがおすすめです。

敏感肌や乾燥肌などの肌が弱い方は、ハイドロキノンは刺激が強すぎることがあります。刺激が強いと肌が炎症を起こして、メラニン色素が発生しシミの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。肌の弱い方はハイドロキノン以外の成分を選ぶか、ハイドロキノン配合でも刺激の弱い化粧品もあるのでそのようなものを選びましょう。最初はトライアルなどでパッチテストしてみるのがおすすめです。

美白美容液 人気ランキング

美白美容液 価格 特徴
ディセンシア サエル
トライアル 1,480円 送料無料 敏感肌・乾燥肌専門ブランドが開発した美白化粧品。
独自の特許技術ヴァイタサイクルヴェールが紫外線や外部刺激を徹底ブロックしシミを予防。
エスクレシドが黒いメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、出来てしまったシミにも働きかける。
ビーグレン
トライアル 1,890円 送料無料 シミに効果的な美白成分ハイドロキノンは、肌に浸透しにくいという特徴があります。 いくら良い成分でもシミの元であるメラニン色素まで届かなければ意味がありません。 ビーグレンはを世界特許の浸透テクノロジーであるQuSomeで、ハイドロキノンやビタミンCを肌の奥まで浸透させ、シミの元であるメラニンに直接働きかけます。
アンプルール
トライアル 1,890円 送料無料 出来てしまったシミに良い美白成分として知られるハイドロキノンは、刺激が強く不安定な性質があります。 アンプルール ラグジュアリーホワイトは、安全性が高く肌への刺激が少ない新安定型ハイドロキノンを配合。 角質層へ浸透し、出来てしまったシミのケアとシミが出来るのを予防します。
アスタリフトホワイト
フジフイルム アスタリフトホワイト
トライアル 1,000円 送料無料 保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの美白コスメ。 フジフイルム独自のナノユニット技術により、ナノAMAと美白有効成分成分(アルブチンとビタミンC誘導体)を肌の奥まで届けます。 AMAとは保湿やエイジングに実績のある成分で、それをナノ化したのがナノAMAです。 シリーズの主成分であるアスタキサンチンと3種類のコラーゲンを配合。
HANAオーガニック
HANA Organic
トライアル 1,480円 送料無料 貴重なダマスクローズを配合した100%天然オーガニックのコスメ。ローズマリーやバイオエコリアによる育菌で美肌菌を増やします。肌の再生力を高め、シミ・くすみを追い出す。国産オーガニックコスメの通販部門売上1位にもなっています。
当サイトで申し込みの多い順に紹介しています

ディセンシア サエル 人気の理由

刺激に弱い敏感肌・乾燥肌でも効果が実感できる美白美容液

化粧をする年代の女性の約半数が敏感肌もしくは乾燥肌といわれており、多くの女性が敏感肌・乾燥肌に悩んでいます。 敏感肌・乾燥肌は、本来肌が持つバリア機能が低下している状態であるため、外部刺激に弱い状態の肌となっています。 そのため、乾燥や紫外線等外部刺激によるダメージで、肌の炎症が発生してしまい、シミの元であるメラニンが過剰に生成されることにより、通常肌よりもシミができやすく、通常の美白ケアをしても美白効果が実感しにくくなっています。

ディセンシア サエルシリーズは、特許技術ヴァイタサイクルヴェールで乾燥や紫外線等の外部刺激を徹底ブロックし、シミを予防するだけでなく肌のバリア機能を修復するため、効果を実感しやすい美白化粧品であることが人気が高くなっています。さらに、独自成分エスクレシドが、黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、既に出来てしまったシミにも対応するので、シミ解消に人気の高い美白化粧品です。

ディセンシア サエル 詳細はコチラ!

美白美容液を目的別に選ぶ

シミを消す


シミを消したいなら、シミの元であるメラニンを還元する働きをもつ成分が配合された化粧品が選ぶことをおすすめします。
詳しい情報はコチラ

シミを予防する


シミを予防したいなら、シミの元となるメラニンの生成を抑制する働きのある成分が配合された化粧品を選ぶことをおすすめします。
詳しい情報はコチラ

美白美容液を肌質で選ぶ

通常肌(健常肌)

通常肌なら、配合成分による肌の炎症を気にすることなく、美白効果が高い成分を含む化粧品を選ぶことがおすすめです。
詳しい情報はコチラ

乾燥肌

刺激が弱い乾燥肌の方は、刺激が強い美白成分で肌が炎症してしまう可能性があるので、美白化粧品を選ぶ際には注意が必要です。
詳しい情報はコチラ

敏感肌

敏感肌の方は、低刺激で美白効果が高い化粧品を選ぶことをおすすめします。低刺激でも効果のない化粧品もあるので、選ぶ際には注意が必要です。
詳しい情報はコチラ

美白美容液の選び方でよくある間違い

美白美容液にはいくつかの種類があります。それは大きく分けると、すでにあるシミを薄くするもの、これからシミが出来ないように予防するもの、肌の透明感をアップし明るくするものです。
よくある間違いは、シミを消したいのに、シミを予防するタイプの美白化粧品を使うというものです。予防するタイプのものはこれからシミが出来ないように、メラニンの生成を抑えるものです。これではすでにあるシミを消したいという目的には希望通りの結果が得られにくいです。もちろん全く効果が無いというわけではないでしょうが、時間がかかります。
ですから、シミを消したり薄くしたいという場合には、そのような美白成分の入った美白コスメや化粧水を使います。

美白美容液でメラニン対策

出来てしまったシミを解消するのは大変です。シミが出来てしまってから対策するのではなく、シミが作られないように防御する方が効果的です。何をするかというとメラニン対策になります。メラニン色素が出来ないように美容液などでケアをします。
紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素が作られます。若くて新陳代謝が活発な頃なら肌のターンオーバーで古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれ落ちるので、色素沈着せずシミも出来にくいです。しかし加齢や肌トラブルなどでターンオーバーが悪いと、紫外線や外部刺激によってできたメラニン色素が肌に残りシミやくすみの原因となります。20代後半から30代になったら普段からのUVケアを心がけてください。
このようなことにならないように普段から美容液などでケアするがおすすめです。ではどんな美容液が良いかと言うと、美白成分が入っていて保湿力の高いものです。さらに、肌の弱い方は美白成分の刺激で炎症を起こすこともあるため、乾燥肌や敏感肌の方は低刺激の美白美容液が良いでしょう。

美白対策における保湿の重要性

美肌のためには肌の水分量が重要であることは皆さんもすでにご存知のことでしょう。メラニン対策においても、肌の水分量や潤いは大切なのです。肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを正常な状態に保つためには肌が潤った状態でなければいけません。そのため、美白対策においても保湿は重要なのです。美白美容液を選ぶ際にも保湿力の高いものが良いのはこのような理由があるからです。美白コスメを使って肌が乾燥すると感じる人も多いですが、その場合には刺激が強すぎるものを使っている可能性があります。
刺激の強いものを使うと肌が炎症を起こし、肌のバリア機能が弱まります。肌のバリア機能というのは外部刺激から肌を守るだけでなく、肌の内側から水分が蒸発するのを防ぐ働きもあります。そのバリア機能が弱まると肌が乾燥しやすくなり、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。そのようにならないためにも、保湿力の高い美容液を使って肌のバリア機能を正常に保ちましょう。もちろん美容液だけでなく、洗顔石鹸や化粧水なども保湿力の高いものがおすすめです。

「美白美容液 おすすめはコレ【シミ消しで人気の化粧品】」について
エイジングや年齢肌の悩みで多いのが、シミやクスミ、シワ、たるみなどです。その中でも特にシミがあると実年齢より老けて見えるので、より深刻な悩みと言えます。美白のために美容液を選ぶなら、シミやくすみといった自分の肌悩みを解消してくれる美白成分が配合されていることが大切になります。イメージだけで美白化粧品を選ぶと失敗することが多々あります。多くの美白化粧品は白いパッケージで、いかにも美白に良さそうに見えます。しかし、そのようなコスメでもシミを薄くしてくれるような成分が入っていないことも多いのです。 美白コスメには、積極的に美白していく攻めのコスメと、シミができないように防御する守りのコスメがあります。肌の本来の色を取り戻すには、攻めの美白美容液を使うことが中心になります。そのような化粧品を選ぶには美白成分を確認しなければいけません。成分で見分けるのはちょっと難しいですね。美白効果が認められている成分を配合しているものは医薬部外品と表示されているもので、そのようなものを選ぶのも良いでしょう。とはいっても医薬部外品だから必ずしも良いとは限りません。最近ではドクターズコスメやサイエンスコスメなど様々なものが登場し、いろいろ調べなければいけないので選ぶのも大変ですよね。医薬部外品でなくても、良い物は存在しますので、当サイトではそのようなものも含めて総合的におすすめの美白美容液を紹介しています。
2017

業界にマンネリはつきものですが、歴史をもつ美白化粧品も同様のことが言えると思います。ところが近頃は、そのマンネリを打破するようなコスメが開発されています。美白と言えば今までは、シミが出来ないように予防したりブロックするものが主でしたが、ハイドロキノンのようにすでに出来てしまったシミに対して適しているような成分を配合したコスメが登場してきました。また、敏感肌は美白が難しいという常識を打ち破ったのがディセンシアのサエルです。公式サイトでは、判りやすさ重視なのかもしれませんが様々なデータが紹介されており、美白コスメを選ぶ際には成分などを確認すると良いでしょう。 美白化粧品はラインで使ったほうが良いのか、それとも単体で使っても良いのか疑問に思うこともあります。ラインで使うことでそれぞれが協力してより良い効果を発揮することも考えられます。大手の化粧品メーカーがプライドを掛けて開発しているので、ラインで揃えるとちょっと予算がオーバーしてしまうこともあります。そんなときは、目的のものをピンポイントで使ってもよいと思います。自分のお財布の中身とのトレードオフを考慮して、バランス良く選択しましょう。母親、姉妹、友達などにちょっと貸してもらって試すのもおすすめです。それで満足できたら実際に購入すれば失敗も減ります。

美白美容液を使ってケアしても思うようなしみ解消効果が実感できないことがあるかと思います。美白美容液には、目的や肌質に合うもの、合わないものがあるので、誤って選んでしまうと美白効果も半減してしまいます。シミを消したいのか、シミを予防したいのかといった目的に合い、かつ、肌質に合うものを選び美白ケアすることで、しみ解消効果を実感することができます。これらについて分かりやすく解説します。